FC2ブログ

猥褻新聞FC2社

世界で唯一のエログロ新聞社 エログロをテーマに近代の事件を取材

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

猥褻新聞FC2社

20050621181100.png

猥褻新聞ライブドア社
猥褻新聞エログシャード社
Do!エログ猥褻新聞社

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
  1. 2015/01/01(木) 00:00:00|
  2. 殺人者
  3. | トラックバック:5
  4. | コメント:4

ジェフリー・ダマーの愛聴盤

ojiii



ブラック・サバスは黒魔術的な雰囲気と
ギミックで成功を収めたバンドの一つである。

サバスのリフ・楽曲はロック史に残るものであるが
今回はその部分ではないところにスポット当てることにする。

やはりオジー・オズボーンの逸話から語らねばならない。

彼は、サバスで培った黒魔術的なギミックを
ソロに転身してからも発揮していく。
ダイアリー・オブ・マッドマンなどは殺人鬼キャラを
前面に打ち出し、成功を治めた。

貧乏な家庭の出身でバンドをやる前は屠殺場で豚を殺していた。

オジーはステージで生きた蝙蝠の頭を食い千切り
レコード会社の食事会の席にて、鳩を噛み殺し
妻に飼っている猫を鶏に餌を頼まれると
キレていたのか、散弾銃で皆殺しにするなど・・・
公私共にイカレタ人物でもある。
(彼は妻に連中に腹一杯、鉛の弾を食わせたぜ・・・と報告したそうだ・・・)


続きは、オジー・黒魔術の関係をどうぞ・・・

[ジェフリー・ダマーの愛聴盤]の続きを読む
  1. 2005/07/27(水) 20:16:14|
  2. サイコ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:14

マンソンの音楽性とバックボーン

マンソンショット


刑務所でギターの手ほどきを受け
歌手として身をたてることを夢見るようになったマンソン。
その頃、1967年仮釈放された時期はヒッピーが大流行していた。
マンソンは、こうした流行に惹かれ、仲間を集め
いわゆる「ファミリー」を作る。

出所後は盗みを働きながら放浪生活。
吟遊詩人としてアピールしようと街角や公園で歌っていた。

家出少女などを仲間に引き入れ
黒く塗り直したバスでカリフォルニアを放浪した。

このバス・ツアー中
「マジカル・ミステリー・ツアー」を聴いた
マンソンと仲間(ファミリー)は、自分達のバス生活そのものを
「マジカル・ミステリー・ツアー」と呼ぶようになった。

マンソンがビートルズから思想的何事かを
強く感得した初めてのアルバムが
「マジカル・ミステリー・ツアー」だったのではと
マンソンのドキュメンタリー本「ファミリー」
著者エド・サンダースは指摘する。

ここで彼はLSDなどのドラッグ、フリーセックスといった
ヒッピーコミュニティーのお決まりに溺れていくのである。

一部の映画や音楽の才能ある関係者と接触を持ったが音楽活動は成功しない。
次第に彼のグループは窃盗やカード詐欺で日々の生活を得るようになる。

彼のグループは次第に宗教色が増し
マンソンはキリストを模した髪型をし
宗教儀式めいたパーティも盛んに開く。
いわば、彼はファミリーの教祖的な存在になっていくのである。
[マンソンの音楽性とバックボーン]の続きを読む
  1. 2005/07/20(水) 22:03:57|
  2. サイコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マンソンの音楽性とバックボーン

マンソンショット


刑務所でギターの手ほどきを受け
歌手として身をたてることを夢見るようになったマンソン。
その頃、1967年仮釈放された時期はヒッピーが大流行していた。
マンソンは、こうした流行に惹かれ、仲間を集め
いわゆる「ファミリー」を作る。

出所後は盗みを働きながら放浪生活。
吟遊詩人としてアピールしようと街角や公園で歌っていた。

家出少女などを仲間に引き入れ
黒く塗り直したバスでカリフォルニアを放浪した。

このバス・ツアー中
「マジカル・ミステリー・ツアー」を聴いた
マンソンと仲間(ファミリー)は、自分達のバス生活そのものを
「マジカル・ミステリー・ツアー」と呼ぶようになった。

マンソンがビートルズから思想的何事かを
強く感得した初めてのアルバムが
「マジカル・ミステリー・ツアー」だったのではと
マンソンのドキュメンタリー本「ファミリー」
著者エド・サンダースは指摘する。

ここで彼はLSDなどのドラッグ、フリーセックスといった
ヒッピーコミュニティーのお決まりに溺れていくのである。

一部の映画や音楽の才能ある関係者と接触を持ったが音楽活動は成功しない。
次第に彼のグループは窃盗やカード詐欺で日々の生活を得るようになる。

彼のグループは次第に宗教色が増し
マンソンはキリストを模した髪型をし
宗教儀式めいたパーティも盛んに開く。
いわば、彼はファミリーの教祖的な存在になっていくのである。
[マンソンの音楽性とバックボーン]の続きを読む
  1. 2005/07/20(水) 22:00:41|
  2. サイコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チャールズ・マンソンの音楽

LIFE


上記の画像は、実際のマンソンのレコードジャケットである。
LIFEを模倣したLIEというアルバムだ。

マンソンの思想は一般のヒッピーの思想とは大分異なる。
彼をヒッピーと無関係とするのもどうかと思う。
言ってみれば、道を踏み外したカルト教団化したヒッピーとも言えるのでは?

マンスン詳細はここから
  1. 2005/07/19(火) 20:45:53|
  2. サイコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

猥褻 行男

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。